上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

調整

category: 楽器  

先日のライブの後、お客さんとして来ていたフルート奏者の若い女性と少しお話ししました。娘と同年代の彼女との共通の話題はフルート。私の楽器はパールですが、40年ほど前に作られたもので、メーカーの刻印も今とはデザインが違います。しげしげと眺めて写真を撮った後、「ちょっと吹いてみても良いですか?」と聞かれたので吹いてもらいました。が、第一声は「最近、調整に出してますか?」(苦笑)。
そうなんです。目立った不都合を感じていないのをいいことに調整は3年ほどサボっています。後日、家で眠っているヤマハと吹き比べてみました。言われたとおり、パールは「ムムム」かも知れません。

というわけで一昨日、気が変わらないうちに楽器屋さんへ持ち込んでみました。
「これといって致命傷はないんだけど、微妙にタンポの調整をした方がいいかな…キーの動きもちょっと見た方がいいか」ということだったのでお願いしてきました。3年放置したわりには軽傷でホッとしました。今週末には仕上がる予定なので楽しみです。
2016_02_09

ゲスト

category: 演奏  

昨年末のオープンマイクで知り合ったギター弾きさん。先週末、この方が率いるバンドのライブに、恐れ多くもゲストとして参加してきました。

いわゆるバンド活動というものをしたことがないので、私にとっては初体験のことばかり。そのうえ、全曲をオリジナルで構成しているので、まずは曲を理解するところからのスタート。渡された譜面は、ところどころに決めのリズム譜が書いてあるものの、基本は五線紙にコードが書かれているだけ。なのに、バンドのメンバーとは本番一週間前のリハで初めて顔を合わせて、そのまま本番!…と、思い返してみても、かなり無謀なチャレンジだったように感じます。

メンバーはとっても上手な方ばかりで、皆さん懐が深く、オタオタしている私を暖かく迎えてくれました。それでも、途中で「今日のゲストです!」と紹介されてステージに上がるのは、とても緊張します。全部で4曲演奏させてもらいましたが、最初の曲はかなりボロボロでした。ただ、そこで崩れ落ちるということもなく残りの曲を私なりに落ち着いて演奏できたのは、バンドのおかげです。とっても楽しかったです。
本番の常で、できることのうちの7割程度の出来だったので次があるかは分かりませんが、良い経験をさせてもらいました。
2016_01_30

一歩先へ

category: レッスン  

今週はレッスンがありました。

前回の宿題でアレンジから。
楽譜の片隅に“St.quartetto”とメモ書きを入れていただいてあったので、そのイメージで。
…で、どこから手を付けるか悩みました。カルテットならメロディ、ベース、ハーモニー&カウンターというパート分けが妥当だろうというのは分かります。メロディはあるので、ハーモニーを2声で考えているうちに何か良さそうなカウンターが浮かぶかな…という考えでやってみました。ベースはとりあえずルートで。
これが半分までしかできなかったのですが、気が付いたら2声が3声くらいになっていました。ルートを踏んでいるから良いか。
ですが、少し方向がズレていたようで、師匠の要求はカウンターでした。相変わらず、うまく伝わらない師弟関係です(苦笑)。ということで、基本的には1声で作り直しです。

それから演奏。
このところ16分音符でアドリブをまわせるように、という目標で練習していましたが、今回はもう一歩先へ。
次の目標は「間を取って」。
16分音符で繋ぐとどうしても音で埋め尽くされる感じになります。これを解消するために音数を適当に抜いて間を取るように、と。「技術的には16分音符で繋ぐより簡単になるんだけど、やろうとすると意外と簡単じゃないから。深い溝を跳び越えるような気分になると思う」と言われました。その場で少しやってみましたが、今まで勢い付けてまくし立てるように吹いていたので、なかなか隙間を空けることができません。やっと隙間を作れても、うまく次の音を出せません。確かに深い溝はあるかも。。。

今年も脳をフル回転させてスタートです。
2016_01_15


あけましておめでとうございます。
特別忙しいというわけではないのですが、なんだか毎日が飛ぶように過ぎていてブログの更新も極端に少なくなっているこの頃。でも元気でやっています。

年末…と言うには少し早い時期、オープンマイクというのに挑戦してきました。もともと出るつもりはなかったのですが、友人との会話の流れで急遽気が進まないままエントリーしました。それでも人前での演奏、少しは心が強くなったかなと自分に期待したのですが、ありえないような撃沈ぶりでした;;;
まぁ、それについては思うところ、考えるところ、たくさんあるのですが、新年なのでとりあえず省略。
そんなオープンマイクの会場であるギター弾きの方に出会い、年末に一度、楽器遊びにお付き合いいただきました。この方、弾き語りします。とっても素敵な声の持ち主です。他の方のオリジナルを演奏することはほとんど無いので、なかなか新鮮で楽しかったです。また何か一緒にやりましょう、と言ってその日は終わりましたが、どうでしょう?できるかな??ちょっと楽しみな気分です。

去年はいわきでバンドの演奏を2回、師匠とのデュオを1回、その他に人前で2回の演奏をしてみました。日々のことに追われて遠い過去の話のようですが、どうにかなったりならなかったり、それなりに充実した一年だったと思います。今年はもう少し前進したいと思う元旦です。
更新は少なめですが、今年もよろしくお願いします。
2016_01_01


自分の曲の演奏に磨きをかける…というと格好良いですが、なんとかして“下手くそ”から脱却しましょう、というレッスンが続いています。それなりに練習はしているんですけどねぇ。。。なかなか良い感じになってきません。アンブシュアを見直したのは良かったようで、音は安定しました。演奏については「爆発的に良くなる雰囲気はなさそうだから」と言われました。そんなことは、まず滅多に起きないと私は思いますよ、師匠?…とは言えませんでしたけど、心の中では言ってました。この課題はまだまだ続きます。

さて、今回はもう一つ課題が出ました。
以前に作った『Fairyland』という曲のアレンジです。猛烈な睡魔の中で書いたせいか、他の曲とちょっと様子が違います。なんというか、横に流れる感じ?師匠が言うには、コードでバーンと押さえるより、一つ一つハーモニーを作っていった方が合いそうだ、と。言いたいことは分かるような気がします。「たぶん、意外と難しいと思うから長期戦で」ということです。できるかな?

年の始めにはちょっと大きな目標を掲げられてスタートしましたが、達成はできずに今年最後のレッスンでした。目標は来年以降に持ち越しです。
2015_12_10


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。