スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

1年ぶり!

category: レッスン  

今年最初のレッスン。。。
前回持っていった曲を直したので見てもらいました。

と書くとスルッと直ったようにも受け取れますが、実際は“これは良いぞ”と楽譜を書き、翌朝になると“なんかイマイチ”に思えてまた書き直し、その夜やっぱり“変でしょ”と思い新しいフレーズを探す、の繰り返しが10日ほど続きました。
結局、レッスン前日の夜に“これなら!”と書いたものも当日の朝には納得できなくなっていて、出掛ける直前に最後の書き直しをしました。こういう状況だとパソコンは本当に便利です。

で、この最後の書き直しがヒット!!
師匠がとても褒めてくれました。割とよく褒めてもらえますが、褒めてもらって上がったテンションは大抵翌日には落ち着きます。が、今回は3日経ってようやく落ち着いた感じがします。そのくらい褒めてもらえました。メロディの微調整をした方が良い箇所が少しありますが、曲の作りはOKです。なんと一年ぶりに曲ができました.。o○

こうなるとこの曲は終わりで「はい、次」になってしまうのですが、私はどうも頭を使うのが苦手で、自分で書いた曲すらきちんと分析できないので、ちょっと解説してもらいました。
転調をどんな風にしたのかは概ね理解できていましたが、最後の8小節が#9の韻を踏んでいたとは気が付いていませんでした。直前に駆け込みで直した割にはきちんとできているではないですか。こういうことが自分で分析できると、きっとアレンジをするときに役立つのでしょうねぇ。私にできるようになる日は来るんだろうか??(苦笑)

曲は褒めてもらえましたが、フルートはものすごく練習不足で、おまけに自分の曲とはいえ急いで書いて見せてしまったので、師匠の前で吹いたときにはヨレヨレのフラフラな音しか出ませんでした。
レッスンが終わって次の練習会の会場に移動するので、師匠と2人で歩き出しました。何気なく「あぁ、フルートも練習しないと…」と言ったら、師匠が「そう言えば…さっきのアレ、何?」と。思わず「え。」と言ったきり目が泳いで言葉も出ませんでした。それでも「基礎練ね」と言われて「ぅ、基礎練は嫌い」と言ってしまう劣等生な私。
でも分かってます。そうなんです、日頃の基礎的なトレーニングが足りないんです。やらなきゃいけないんです、本当に嫌いだけど。。。今後は心を入れ替えて基礎練もやるということで良いですが、果たしてこのあとの練習会を乗り越えられるか、一抹の不安を抱えて師匠は車で、私は電車で移動。
スポンサーサイト

2015_01_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。