スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

久しぶりの新…

category: レッスン  

先日のレッスン。

先月メロディだけ作ったバッハ風にコードを付けました。と言っても出来の悪い生徒なので、家での作業は半分までで時間切れになってしまい、後半はレッスンの中で師匠がチャチャチャ~と付けてくれました。メロディは“なんだか繋がりが悪いなぁ…”と思う部分もあるのですが、コードが付くとそれなりに“それっぽく”聞こえてくるので面白いです。
「こんな風に、メロディから作曲していく方法もあるよって話しなんだけど」と言われて、作曲らしきことを始めた頃「メロディ作って後から適当なコードを当てはめれば良いじゃん」と考えていたことを思い出しました。当時は知識が何もなくてそうするしかなかったのですが、それも一つの方法ということですね。このバッハ風を作る作業は、曲作りの幅を広げるトレーニングということで、今後もユルユルと続く予定です。

さて、近頃何も思い浮かばない状態が続いていましたが、レッスンの数日前になってふいにメロディが浮かんだので、久しぶりに新しいのを見てもらいました。
が、今まで使ったことがなかったF#マイナー…というかAメジャーのキーで、しかも音域がちょっと広め。AABAの形にはまとめてみたけれど、たぶんAABCの形の方がカッコ良いだろうな、という状態で~などと喋っていたら「解説はいいから聞かせてよ」と言われてしまいました;;;(そりゃそうだ)
で、師匠にピアノでコードを鳴らしてもらいながら吹いたのですが、構成に関してはやはり師匠の意見も一緒でした。Bの部分までは、使えそうな、良い感じがするのですが、最後にAが出てくることで残念な感じになっています。まぁ、最後のAは一応メロディラインも変えてあるし、とりあえず曲としてまとまっているんですけどね。なんというか、ちょっと不発な感じ。
「ここ、僕にはDが聞こえてくるんだけどなぁ…僕だけかな。でも、メジャーに行こうとする流れだけどマイナーで行った方が良いと思うよ?」…なるほど。
ちなみに、帰ってからB以降をDを意識したフレーズに置き換えたら、ものすごく師匠の曲っぽくなって面白かったです(笑)。面白かったですが、いかにも真似したように聞こえる気もするので、これは次回までに少し考えます。

少し早いですが、今年のレッスンはこれで終わりです。次回は年が明けてから。年末は、今回イマイチだった曲がちゃんと新曲になるように、モソモソと作業します。。。
スポンサーサイト

2014_11_15

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。