上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

楽しい音

category: レッスン  

少し間が空きましたが、今週はレッスンがありました。

なんとなく体調がイマイチなのか?という感覚には気が付かなかったことにしてみました。が、こういうときはレッスンが始まっても集中しきれず、楽器を吹いてもなんとなく気分が煮え切らず…。当然、師匠にはバレるわけです。

「なんかさぁ…音が…出てるんだけど、こう、抜けてない…っていうか楽しそうじゃない」

ちょうど考えながら音を出さないといけない状況だったので、つい「考えながらだから、それほど楽しくない」などと言い訳しましたが、そうじゃないですね。たとえば、これがいつものパート仕事なら体調不良は無かったことにしても良い程度のことなのですが、今にして振り返ると、楽器はちょっとした身体の不調が表に出やすいですね。年が明けてから、誘っていただいてライブに出させてもらいましたが、体調不良の時こそテンション上げていかないと、きっとつまらないステージになってしまいます。レッスンが終わってから反省しました。

で、レッスンでの師匠は、楽しそうな音を誘おうとしてipadに入れている楽譜を出してデュエットをしてくれました。師匠のオリジナルやモーツァルトなど、私には初見の曲ばかり。最近はコードを追っても音符を追うことはほとんどないので、必死にipadの画面を見つめて音符を追いましたが、老眼が始まっている眼には負荷の大きい作業で、かなり必死な音が出ていたことと思います(苦笑)。そのうえ、すぐに時間切れになってしまったので、楽しそうな音は次回に持ち越しです。
スポンサーサイト
2016_02_27

再びゲスト

category: 演奏  

先月ゲストで呼んでいただいたバンドのギタリストさんが、昨日ソロライブをしました。で、再びゲストに呼んでいただきました。調整に出していた楽器を受け取って、その足で会場へGO!

前回はテーブル席で30人くらいは入れるお店でしたが、今回は椅子席で15人も入ったら身動きできないくらいのお店に、なんと!ちゃんと数えていませんが15人近く来ていただき、演奏者もご本人とゲスト出演者で5人いて超満員の店内。呼ばれて前へ出て行くにも一苦労でしたが、その分コミュニケーションも取りやすくアットホームな感じで楽しかったです。
ソロライブでしたが、ご本人が自称寂しがり屋のため、直前になってみんなに声を掛けたらしいです(笑)。でも、有り難いことです。

今回、私の参加は2曲でしたが、編成が変わると当然の事ながら要求されることも多少違ってきて、またまた勉強させていただきました。ちょっと進歩したのは余計な緊張をしないで済んだこと。私にとっては非常に大きな違いです。
2016_02_14

調整

category: 楽器  

先日のライブの後、お客さんとして来ていたフルート奏者の若い女性と少しお話ししました。娘と同年代の彼女との共通の話題はフルート。私の楽器はパールですが、40年ほど前に作られたもので、メーカーの刻印も今とはデザインが違います。しげしげと眺めて写真を撮った後、「ちょっと吹いてみても良いですか?」と聞かれたので吹いてもらいました。が、第一声は「最近、調整に出してますか?」(苦笑)。
そうなんです。目立った不都合を感じていないのをいいことに調整は3年ほどサボっています。後日、家で眠っているヤマハと吹き比べてみました。言われたとおり、パールは「ムムム」かも知れません。

というわけで一昨日、気が変わらないうちに楽器屋さんへ持ち込んでみました。
「これといって致命傷はないんだけど、微妙にタンポの調整をした方がいいかな…キーの動きもちょっと見た方がいいか」ということだったのでお願いしてきました。3年放置したわりには軽傷でホッとしました。今週末には仕上がる予定なので楽しみです。
2016_02_09


01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。