上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


一年ほど前、都内で師匠と同じやり方の練習会をしているミュージシャンを発見しました。ずっと気になっていて、昨日やっと初参加してきました。
初めて降りる駅、初めてお会いする方々、初めてだらけです。師匠の練習会と比べて、参加者の年齢層はほんの少し高め、レベルはだいぶ高め。結果から言うと、ズタボロの土曜の午後でした(^^;)

昨日は私の他に初参加の方がもう一人いたので、とりあえず『枯葉』でスタート(宴会のビールみたいですね…笑)。これは私としてはクリア。このあと、ブルースを続けて2曲。皆さん本当に上手な方ばかりだったので、なんとなく引っ張られていつもの私よりマシでしたが。。。マズいものはマズいです。
そして次から次へとジャズのスタンダード。普段はボサノバが多いので、脳が右往左往している間にどんどん進みます。ジャズのスタンダードはたくさんある上に、あまり聞かないせいで知らない曲が多くて脳の右往左往は加速します。お隣のアルトサックスさんのソロを聴きながら、スイングのアクセントを意識したらもう少しスムーズにアドリブできるかなぁと思いましたが、すぐに実践してみるだけの心の余裕がなく不発(-_-;)
あっという間に最後の曲になり、『OLEO』で締めることになりました。が、恥ずかしながら『OLEO』初体験。曲を聴いたことも、たぶんありませんでした。どんなかなぁ…と思いながら譜面を見つめましたが、最初の8小節でギブアップ。私の能力で全くの初見ではどうにもならず見学させていただきました(苦笑)。

完全な“みそっかす”ではありましたが、できないなりに発見できることがあったり、いつもより多少はできたり、楽しい時間を過ごさせていただきました。できない私に、皆さん暖かかったし。ぅぅぅ。次に参加するまでにもう少し何とかした~い♪
スポンサーサイト
2015_08_30


お盆明けのレッスンでした。
「ヘタクソすぎる」から「ヘタクソ」への“昇格”目指して練習していますが、今回は譜面の整理。このところ、師匠にオリジナルの楽譜を渡していなかったので、パソコンの中を整理して送信しようとしていたのですが、意外にも絶対的な「原譜」といえる形になっている曲が少なくて驚きました。レッスンで完成したつもりになっていても直しきれていなかったり、発表会用に書き換えたきりになっていたり、理由は様々なのですが、あれもこれも微妙に違うのです。
ということを、パソコンでのやり取りの中で相談したら、まずは確認しようという話しになって、今回のレッスンは譜面の整理になりました。

私は今ある最終形の譜面を、師匠はノートパソコンを持ってきて両方を見比べたり、演奏したりしながらの確認作業。かなりサクサクと進めたのですが、それでも1時間のレッスン時間は15~6曲を全部確認するだけでいっぱいいっぱいでした。どうにか確認作業は終わったので、私の方のデータを正しく原譜にして送信したら譜面のことはとりあえず終わり。次のレッスンは演奏面を見てもらうことになっているので、また練習です。
2015_08_18

数年ぶり

category: 演奏  

先日、友人に誘われてジャムセッションに行ってきました。一曲入魂!な感じのセッションは数年ぶりです。
ホストバンドの方々は第一線でご活躍中の著名なプロなので、行く前から何をしでかしても何事もなかったかのようにしてくださるだろう…という安心感はありました。

問題は私だけ。
持病のような舞い上がり癖が出ませんよーに。。。

と、祈る気持ちがどんなに強くても、“持病”ですから簡単に治まるわけがないのです(苦笑)。


一巡目の『コルコバード』では症状は出ず無難に終了。内心は「ああすれば良かった」とか「こうしたらどうだったかな」とか、いろいろありますが、一緒に行った友人は「アドリブ良かった~」と言ってくれました。
とても参加者が多いセッションだとは聞いていましたが、この日も大勢の参加者。無いだろうと思っていた二巡目が来て曲に困りました。「この中でそんな謙虚な気持ちでいる人はアナタだけ」と笑われましたが。私にとってボサノバは安全ではありましたが、二巡目もボサノバではつまらないような気がして、非常に図々しくオリジナルをやらせていただきました(最近はオリジナルばかり練習していたので)。
これが失敗。あっという間に舞い上がって終了。だから師匠に「ヘタクソすぎる」と言われてしまうのです…。
後になってよ~く考えてみると、ホストバンドの方々も素人のオリジナルを初見でやらされて、ものすごく緊張したんだと思います。自分も、頭のどこかで自分がしっかりしなきゃ、とか考えて冷静になれなかったのだと思います。「まずい!」と思えば思うほど状況が悪くなる構図になりました。今回は選曲ミスが大きかった、かなぁ。
ただ、舞い上がって失敗しても以前のように精神的なストレスを感じなくなっていたので、あまり間を空けずにこういう場に参加したら改善するかも、とも思えました(まぁ、それだけでも進歩だと思うことにします)。たぶん、ちょうど良い程度の刺激になったハズ。

「ヘタクソすぎる」から「ヘタクソ」に昇格すべく、練習は続く…
2015_08_08


07  « 2015_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。