上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

基礎練習

category: レッスン  

やっと「いつでも安定してそこそこの音を出せる」という状態になってきました。でも曲を吹くと、とたんにダメダメな音になってしまいます。先日のレッスンでこの症状を説明して「音が出るようになってきたと思ってたんですけど、まだまだってことですかねぇ?」と聞いてみました。

「基礎練習ってどんなことしてる?」

まずは音出しと指のウォーミングアップを兼ねて、ハーモニックマイナーとメロディックマイナーのスケールをそれぞれ12キーで。それから教則本のアルペジオの項(メジャー、マイナーの三和音をやはり12キー分)、それからスケールの項で気が向いたのをいくつか。そのあと時間があれば指のトレーニングに『Confirmation』とか、何かその日にやりたくなった曲とか…。

「あ~教則本はダメ」

え…。
今までやっていたような基礎練習の仕方だとテクニックの向上にはなるかもしれないけれど、書かれたとおりにしか吹けなくなるからダメだと言われました。アドリブしたり、もっと自由に吹けるようになるには、楽譜のコードと向き合って、スケールとアルペジオを中心に考えながら繋いでいく練習をした方が良い、というアドバイスでした。だから『Confirmation』を練習するならメロディではなくコードを追いかけなくてはいけません。そしたらメトロノームと仲良くなって…

「あ~メトロノームはダメ」

あ、それもダメですか。
メトロノームなんか使わないで、こうやったらどうかな?ああやったらどうかな?と考えたり悩んだりしながらコードを感じさせる音の並びを見つけるのが大事だと言われました。その場合にはスイングさせるな、とも言われましたねぇ。

というわけで、そこそこに音が出る程度の回復をした今は、今までのような練習方法を続けてはいけない…って、よく考えたらレッスンを始めた頃から言われ続けている練習方法ですね。あぁもう、いつまで経っても教えられたことが頭に入っていない劣等生です。
スポンサーサイト
2015_06_20


05  « 2015_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。