上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


井戸端音楽の会は追い込み態勢で今月2回目。でもみんな忙しくて、Yさん宅に入れ替わるようにしてやって来て練習でした。

高音域のEの音程が気になった『愛の挨拶』は、チューナーとにらめっこで頑張った甲斐があって、昨日は許容範囲内。まだ不安定ではありますが。終盤のrit.とa tempoが繰り返し出てくる箇所は、Mさんを見ながら彼女に合わせて…と意識しすぎてブレスを忘れたから大変!苦しいったら(苦笑)。でも、この曲はたぶん大丈夫だと思います。

『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』もきっと大丈夫。
ただ、私に関してはちょっと問題有り。。。楽譜は簡単なのですが、自分の休符の間にピアノを聞いているとなぜか出遅れます。みんなにお願いして何度もやってみたのですが、部分練習だとできるのに通すと出られない現象が…。まずい;;;

『Let It Go』はMさんが持ってきてくれた楽譜でやっていますがアレンジが良いです。が、思うように練習できない状況でやるには少し難しい…かも。できそうでできない感じでちょっと焦っています。お楽しみ会当日は、生徒さんと保護者さんに元気良く歌ってもらえればごまかせる?という冗談が出たり(笑)。ぃゃ、頑張りますよ!

こんな感じですが、あとは来週のお楽しみ会当日、みんなが集まってくる前に気合いと根性と集中力で完成させることになりました。個人練習、頑張ろうっと。

【番外】
せっかくピアノの先生がいるので、Yさんと2人だけになってしまった時間を利用して、インベンションで遊んでもらいました。いつも右手のパートをメトロノームに合わせるだけので、左手パートが聞こえてきてとてもやりやすかったです。Yさんも右手パートがフルートになったのが新鮮だったようです。二人して「楽しいねー!」
スポンサーサイト
2014_06_28

模索中

category: 練習  

バッハのインベンションを引っ張り出して、その後…

アーティキュレーションは我ながらメチャクチャで課題多すぎの状態ですが、テンポはインテンポに少しずつ近付いています。インベンションをアドリブに応用したいので、譜面通り曲として吹けることには直接的な意味はないのですが、私はあまり一般的ではない入り口からフルートを始めているので、当面は指の訓練と思って続けてみようと考えています。
試しにコードも付けてみました。馴染みのあるボサノバやジャズ、ポップスと似ていたり違っていたり。これはもう少し考えてみた方が良さそうです。アドリブをするにしても曲を作るにしても、コード付けは勉強になります。

で、インベンションをアドリブにどうやって応用するかが問題です。
せっかくコードを付けてみたので、同じ進行が含まれる曲に当てはめてみることができます。が、そもそものコード付けが完璧ではなさそうなので、今回はこのやり方は却下。

たぶんボサノバの方がやりやすいと思うので、ボサノバのスタンダードを使ってインベンション風なアルペジオの展開を探ってみようとしています。
この方法もまだほとんど試していないので何とも言えないですが、何曲かやってみた感じでは『黒いオルフェ』がやりやすそうです。これで「いつも同じようなアドリブしかできない」という悩みが解消できれば成功。

レッスンお休み中の自由研究という感じになってきました。
2014_06_26

バッハで…

category: 練習  

作曲のことは忘れて、何か他のことを…

と、師匠に言われてそのつもりで“他のこと”を探していましたが、なかなか良い具合には見つからず、2週間ほどを彷徨うように過ごしていました。このところレッスンは作曲ばかりになっているので、当面レッスンもお休みにしましょうということになったのも影響し、どこへどう向かって歩いたら良いのか、そもそも自分がどこに立っているのか分からない状態でした。

頭の中がすっかり真っ白になったので、フルートのレッスンを始めた頃に師匠から薦められたバッハのインベンションをやってみました。
バッハの曲はアドリブに取り入れたくなるフレーズが多いから、というのが推薦の理由だったのですが、当時の私にはどうしたらバッハがアドリブになるのか分からず、いつの間にか楽譜棚に収まったままになってしまいました。

今回久しぶりに吹いてみたら少し分かった気がしました。
ピアノのための楽譜なので、まずブレスで苦労します。他の部分もそのまま記譜に忠実に吹くならそれ相応の技術が必要です。が、今はそういうことが目的ではないので、多少細切れになっても音符を追うことだけに専念しています。ただ、最終的にはアドリブに応用したいのでメトロノームに合わせて、できるだけインテンポに近い速さで指が動くようにしたいと思います。
ちなみに挑戦中なのは二声の方の13番です。音域が低いので、フルートで吹くときは適当に1オクターブ上げたり戻したりしています。

で、この13番、ことごとくアルペジオです。
今週は音符を追うだけで終わってしまいましたが、週末のうちにコード付けをしてみようと思います。
2014_06_21


すっかり月1回が定着した井戸端音楽の会。今の目標は、Yさんのピアノ教室で来月行われるお楽しみ会での演奏です。昨年末、クリスマス会に演奏したところ評判が良かったので、気をよくして二度目の出演です。クリスマス会での演奏は急に決まったので練習は1回しかできませんでしたが、ノリでなんとかクリア(笑)。今回は…

選曲の問題もあるのかもしれませんが苦戦しています。
前回より練習回数はありますが、それでも4人全員が集まれる時間は限られているので、楽譜の難易度はどれも低め。でも、お互いの間の取り方が微妙にズレたり、元の楽譜に書かれていることが現状に合わなかったり、そういったことの修正に苦労しています。
間の取り方については、誰に合わせるか決めて、その人を見ながら演奏すれば解決なのですが、会場はYさん宅でごく普通の住宅です。グランドピアノとアップライトのピアノのレイアウトを変えるわけにもいかず、どうやって相手の様子を窺うかが課題だったりします。昨日は結局、Yさんはアップライトのピアノに映るMさんの影を見ることで解決。ただ、当日は昨日と違って演奏時間が夜なので、うまくMさんの影が映るか分かりませんが;;;

『愛の挨拶』と『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』をやるのは決定。『Let It Go』はもしかしたらボツになるかも、というところです。本番までにあと1~2回は練習したいよね、と意見はまとまりましたが、果たしてみんなで集まれる時間があるかどうか…(昨日もMさんは前半だけ、Tさんは夕方から少しだけの参加でした)。とりあえず個人練習でいけるところまで頑張ります。
2014_06_07


05  « 2014_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。