上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


師匠主宰のセッション会、いつの間にか名前が変わってオープン練習会になってました。新しい名前の方が内容を想像しやすい気がします。
昨夜、この練習会に行ってきました。

「そろそろ始めるよ~」の掛け声と同時に常連のギターさんが「お!若いっ!!」と声を上げました。何かと思ったら、初参加のギターさんが譜面台の上にi-padを置いていました。参加者の年齢層がやや高め(?)なので、みんなで「何?なに??」と覗き込んだのですが、画面に映された譜面の小さいこと。最初に声を上げたギターさんと「我々向きじゃないね」と意見が一致(苦笑)。よく考えたら、もう少し大きく映し出すことも可能だっただろうと気が付いたのですが、演奏中に画面をスクロールなんてしたくないですし…。干支で二回り近く違うと感覚もずいぶん違いますねぇ;;;(こうやって文明の流れから取り残されるのか)。
結局、みんなで仲良く紙に印刷された大きな楽譜で練習しました(笑)。

このところ、練習の仕方を変えました。
今まで通りマイナスワンを使っていますが、1曲1回しかやらないと決めました。練習を重ねてきた曲はフレーズも固まってしまっている感じだったので、楽譜に書いてあるコードを追いかけて、頭の中にできてしまったフレーズは忘れることにしました。当然、できていたこと、できているかのように聞かせられたことは全部できなくなりました。

なので、昨夜は常連さんには「なんか今日は大人しい」と言われましたが、そんな感じにしか吹けませんでした。私としては楽しかったんですけどね。

でも、師匠には「なんか今日は音が良い」と言ってもらえました。前回だったか前々回だったか「練習の仕方が悪い」と言われたので練習方法を変えた話をしたら「だからだ。さっきの『Wave』なんかすごく良かったよ。きちんと演奏できてるかどうかじゃなくて、自分の番が来るまでに自分の空気を作ろうとしてるから。今まではなんとなく吹いてる感じだった」と言われました。

なるほど…

昨夜、ソロをやる人は8人。私の番は5番目でした。今まで気が付かなかったのですが、誰かの後にソロをやるのは難しい…というか、とてもやりにくいです。前の人が作った流れの中に、最初の1音か1フレーズで入り込んで自分の流れに持ってこないといけません。うまくいけば最後まで良い感じで吹けますが、最初にうまく入り込めないとガタガタになってしまい1コーラスの間に立て直すのは一苦労です。師匠に言われて、どこを難しいと感じていたのか理解できましたし、練習を展開させる道も少しだけ見えました。これは収穫。

昨夜は初参加が2人、お久しぶりが1人、「いつも外から見て楽しそうだから覗きに来た」というオーディエンスが1人。あと常連がぞろぞろ(笑)。練習が終わった後も話し込んでしまって、終電が近付く寸前に時間に気が付いて駅まで走りました。本当は練習会が週末の夜だともっと嬉しいんですけどね。

スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 音楽
2013_10_30


夏に、娘の友達が、自分のフルートを修理に出す間に私の楽器を貸して欲しいと言うので、年に一度しか使わないヤマハの221を貸してありました。高校の(中学でもそうですが)吹奏楽部で活動していると、毎日練習があるので調整や修理に出すときに困ることもあるのでしょうね。
結果的には、二度楽器屋さんへ出向いたものの「まだ充分に使える」と言われて、調整にはちょっと不満が残っているようですが、とりあえず足部管の修理が終わったので一旦我が家に戻ってきました。

この楽器は、普段使っている楽器を調整に出すときしか出番がないのですが、なんか久しぶりに帰ってきたので今日はこれを吹いてみました。

…おや?
私の調子が良かったのでしょうか?今まで感じたことのないくらい良い感じ。

いやいやいや…思うに、高校生の方が私よりはるかに上手いのです。
で、彼女が夏の間に一生懸命吹いてくれたので、抜けが良くなったのではないかと考えられます。

正直なところ、この楽器があまり好きではありませんでした。
以前この221を調整に出したときにオーバーホールを薦められたのですが、特に調整が狂っているわけでもないしサブで使っているだけなので「考えておきます」ということにして帰ってきました。もちろんオーバーホールする気は全く無く…。
でも今日の感じだったらオーバーホールしてちゃんと良い状態にしてあげてもいいのかな?な~んて思ってみたり。楽譜作成ソフトをどうするか結論を出していないので、オーバーホールは前向きに検討中というところですが、おばさん、ちょっとズルいです;;;
テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽
2013_10_23


「作れるのなら続けた方が良い」と師匠に薦められて細々と続けていた作曲。気が付いたら、今やレッスンのメインは作曲です。
年に1曲書くかどうかだった初めの頃は手書きの譜面を見てもらっていましたが、数年前あたりからもう少しペースが上がってきて、やはり師匠の薦めでパソコンで譜面を書くようになりました。

今はかなり古いバージョンのFというソフトを使っています。今の時点で私としてはリードシートが作れれば良いので、ソフトが古くても新しくても何の問題もないのですが、どうもパソコン側はそういうわけにはいかないらしく、このところ譜面作りに影響が出始めました。作った譜面を再生するとメチャクチャな音が出るとか、「これで良し!」とEnterキーを押したとたんに数小節消えたとか…。
私に似ず、近頃ずいぶんと電脳世界に詳しくなった娘によれば、この古いソフトをパソコンの方が認識していないのだとか。

正直、楽譜作成ソフトは安くありません。パート主婦としてはできるだけ出費を抑えたいところです。どうしたものかとアナログ頭なりに方針を考えました。
① このまま誤魔化しながら、本当にダメになるまで使う
② Fの新しいソフトを買って入れ直す
③ Sという別のソフトにする

①はできれば避けたいですが、現時点での経済的ダメージはありません。
②の方法にするなら数万円の出費。
③のSというソフトは師匠に教えてもらいました。師匠もミュージシャン仲間に「これは良いよ」と教えてもらっただけで使ったことはないと言っていましたが、ちょっと調べてみたら世界的にはこちらの方がメジャーらしいです。日本ではFの方がよく使われているようですけど。しかもFより使い勝手が良いと言う人もいるようです。通常版だと値段はFと変わりませんが、こちらには廉価版があって、それだと通常版の5分の1くらいの出費で済みます。機能的に通常版とどう違うのか分かりませんが、この廉価版を1ヶ月間試せるというのでダウンロードしてみました。

試しに、まだ手書きのままだった譜面を入力してみましたが、噂通りFより使いやすいのかも知れません。Fはマニュアルを見たり、知り合いのミュージシャンに教えてもらったり、それでもちゃんと使えてる感じはしなかったのですが、Sはいきなり作業を始めてもとりあえず譜面になりました(Fを多少でも使っていたから、ということもありますが)。ただ、今日は初日でもあり戸惑うことばかり。五線に音符を書き入れる作業だけなら、今はFの方が使いやすいかなぁ…。あ!コードを入れる作業もSよりF?
慣れれば大丈夫でしょうか?今日は分かっていなくて入力方法が違っていたとか??でも、リードシートを作るだけですし、もしも私の能力がもう少し上がってアレンジもできるようになったとしても、この廉価版の機能で充分のようです。

もう少し使ってみないと何とも言えませんが、値段の部分でSは魅力的です。なにしろペースアップしたと言っても年に数曲しか作りませんし、作っている間はエレクトーンにかじりついて鉛筆で五線紙に書き込んでいますから、高級なものは本当に必要ではありません。Fは浄書向き、Sは作曲の作業そのものがしやすいというような情報もネット上にはあったので、私には楽譜作成ソフト自体がもったいないような気もしますが…。
テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽
2013_10_19

忘れ物

category: レッスン  

今日はレッスンだというのに、ネタになるようなフレーズが出てこなくて、この数日はジタバタしていました。
フレーズが全く出てこないわけではなく、何を書いても「何かに似てる」あるいは「以前に作った曲と同じ」といった感じです。
日曜日の夜には諦めて、仕方がないからできなかった記録を持っていこうと、それでも多少は“何か”を掴んで帰ってこられそうな素材をきれいに書き直しました。昨日は仕事中に、私の中では今まで使っていないパターンのフレーズを思い付いたので、昨夜も家事を終えてから音符にしていました。

そして今日。
曲はできなかったけど、これでレッスンにはなるだろう!!と張り切って出掛けたのですが、頑張って用意したはずのノートが…無いっ!
必死に探す私に、師匠が一言
「そういうの、よくあるんだよね~。僕もしょっちゅう。家に電話してみたら?」
師匠のそういう場面が想像できてしまい、自分の現況を棚に上げて
「そっち側に行きたくないんですけど;;;」
と言いつつ、定期試験中で家にいるはずの娘に電話。
やはりテーブルの上に見事に置いてあったようで、とりあえずフレーズ二つ分のコードだけ読んでもらって、どうにかレッスンになりました(娘がいてくれて助かりました)。

一つは8小節分のコード進行だけ。かなり昔、30年代とか40年代の曲にありがちな感じ。
こんな進行のときの展開の仕方も教えてもらいましたが、こういう「どこかで聞いた」感じが浮かんだら元ネタを探してどうなっているか確認した方が良いと言われました。そこに固まってしまいそうで避けていたのですが、「確認して、同じになるのが嫌だから別のことするんだけど、そのうちまた出てくる。出てきたときは自分のものになってるから」なのだそうです。確認しないまま頑張っていると「ニセ物掴まされちゃうから」と(笑)。

もう一つは昨日の仕事中に思い付いたフレーズ。これも8小節だけ。
「こういう元気の良いのはスリーコードの方が感じが出る。けど、せっかくだから前半はこのまま残して…その方がメロディの雰囲気が強調されて面白い、かな?」と。

宿題は、短いフレーズをたくさん書く、です。
スランプに陥らないために、いろいろな方法を知っていた方が良い、とのことで。短いフレーズをコレクションしたら、また扉が一つ開く…かもしれません。
テーマ : 作曲・編曲・アレンジ    ジャンル : 音楽
2013_10_15


よく分かりません。

なんで全文表示される記事とタイトルしか表示されない記事ができるんでしょう???

せっかく見に来ていただいても、いちいち〔全文表示〕をクリックしないと内容が読めないのではちょっと面倒ですよね。
なので、個人的には全文表示されている方が好きなんですけど。

移ってきたばかりで、イマイチ使い勝手が分かりません。


テーマ : 雑記    ジャンル : 日記
2013_10_04

テスト

category: 未分類  

こちらに移ってきて記事を二つ、あげましたが、なぜか最初のは全文が表示され、次のはタイトルしか表示されません。

いろいろ調べても分からないので、ちょっと試しに出してみます。

さてさて、この記事はどんな風に表示されるのかな?
テーマ : 雑記    ジャンル : 日記
2013_10_04


前回…?違いますね、前々回のセッションで、私のアドリブを聞いた師匠から「練習しない方が良い」と言われました。「“練習”しちゃうでしょ?だから毎回同じことを聞かされちゃう」と。
つまり、いわゆる“練習”をすると指が固定されて同じフレーズばかり出してしまう、ということなのでしょうねぇ。たしかに、アドリブなのに毎回変わり映えしないなぁ…という思いは自分でもありました。でも、普段の練習を全くしなくなっては見当違いでしょう。

では、普段の練習をどのようにやったら良いのか??

夏の間にすっかり練習をサボってしまったので、まずは基礎練習ばかりをやってみました。
これはこれで、それなりの効果があったように思うのですが、基礎練習だけをするのならもっと頻繁にセッションの機会がないと、その効果も発揮できないし、その先の効果は期待できないように感じました。

そこで、基礎練習の量を半分くらいにして、今まで通りマイナスワンを使っての練習に戻しました。ただし、基本に立ち返ってアルペジオとスケールにこだわることにしました。
日頃、メロディを作る作業をしているせいか、伴奏を聞くとメロディのようなフレーズばかりが浮かんできます。師匠が言うには、それをやってしまうとメロディとアドリブの違いがなくなって演奏としての全体がつまらないものになってしまう、のだそうです。それはそうですね。メリハリが必要です。

マイナスワンの教材も手元にだいぶ増えてきて、同じ曲をダブって持っていたりします。なので、いつも使わない方をあえて使ってみることもあります。案外、新鮮な感じがしてアルペジオとスケールで繋ぐことにしゅうちゅうできます。そうそう、多少心残りでも同じ曲を何度もやらないようにもしています。作業としてはどの曲でも同じなので、指が固まらないようにすぐ次の曲!

それでも、メロディっぽいことをしてしまう癖が抜けないのですが、今日はちょっと発見かも知れません。
私はアドリブの出だしからメロディっぽいことをしていたようで、それを意識してやめて機械的にアルペジオで始めたら、アルペジオとスケールが際限なく続きました。こういうのは初めてです。もしかしたら、今まで出だしがいけなかったのかも知れません。

明日以降は、他の曲でも同じようにできるか試してみたいと思います。
テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽
2013_10_02


09  « 2013_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

春子

Author:春子
家事を手抜きしながら、頭の中で鳴りやまない音を追いかける修行中のフルート吹き。最近、レッスンが作曲に傾いていますがフルートをやめたわけではありません。のんびり精進します。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。